読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安田記念(2016)の競馬予想|出走馬情報&レース傾向など

安田記念の出走馬情報、レース傾向、過去データなどを載せております。競馬予想にお役立ていただければ幸いです。

安田記念(2016)の出走予定馬を全頭考察!

2016 予想 出走予定馬 安田記念

安田記念(2016),出走予定馬

安田記念(2016)の出走予定馬を全頭考察!

モーリス

能力・実績は申し分ありません。不安要素はテン乗りの若手外国人騎手「T.ベリー騎手」と香港帰りの「疲れ」のみでしょう。状態は万全じゃない可能性はありますが、それでも連を外すイメージがありません。

リアルスティール

こちらもモーリスと同じく海外遠征帰りです。前走はムーア騎手でドバイターフを優勝しています。勝ちきれないレースが続いていたリアルスティールをドバイで勝利に導いたことでムーア騎手と馬の評価は上がります。しかしもともとの主戦騎手の福永騎手に手綱が戻るとなると重い印は打てません。しかし馬券圏内には持ってきてくれる安定感はあります。

サトノアラジン

前走のスプリングCを優勝して重賞初勝利をあげました。東京マイルも富士S(G3)で2着しておりますし、1800~2000mが多くいので距離短縮は良さそうです。京都のマイルチャンピオンS(G1)は4着で、モーリスとの差は歴然でしたが3着馬のイスラボニータとはハナ差と僅差であることから力関係はイスラボニータと同等程度と考えております。

イスラボニータ

昨年は毎日王冠(G2)、天皇賞秋(G1)、マイルチャンピオン(G1)と3戦立て続けに3着に入線しており安定感は抜群。近2戦は中山と阪神で凡走していますが、得意な東京に戻ってくるので好走する可能性はありそうです。

フィエロ

安田記念は今年で3度目の出走となります。一昨年8着→昨年4着と徐々に着順を伸ばしてきております。リピーターによる好走が多い安田記念では注意しておきたい存在です。新コンビとなるC.ルメール騎手とのコンビも気になります。

ロサギガンティア

1800mではスプリングS(G2)優勝、1400mでは阪神C(G2)を優勝している重賞ホルダーです。能力は高いですが、近4戦は1400mを走っており距離延長してくるのが気がかりです。鞍上はM.デムーロ騎手。

クラレント

安田記念は3度目の出走となります。一昨年10着→昨年3着と着順を伸ばしてきています。10着に敗れた一昨年の安田記念は小雨が降っており不良馬場でした。良馬場であることは必至。前走のマイラーズC(G2、3着)ではデビュー当初の主戦騎手であった小牧太騎手に乗り替わりで好走しています。久しぶりの小牧騎手とのコンビ2戦目に注目。

コンテントメント

香港から参戦する外国馬。前走はチャンピオンズマイル(G1、香港)でモーリスの1馬身半差の2着に敗れています。香港G1のQSジュビリーCを2月に優勝しているG1馬です。昨年は香港マイル(G1)でモーリス、ダノンプラチナ、フィエロと対決して5着に入着。ここでも優勝しているモーリスには歯が立ちませんでしたが、ダノンプラチナとフィエロには先着しているように侮れません。

ロゴタイプ

'13年の皐月賞を勝ってから勝利していませんが、中山記念(G2、3着)や中山金杯(G3、2着)、中山記念(G2、2着)、ダービー卿チャレンジ(G3、2着)と中山の舞台で健闘しています。東京でも富士S(G3、3着)などで好走していますが基本的には中山意外のコースでは割引きが必要な馬です。

ディサイファ

1800~2000mの中距離路線を主戦場としており、芝マイルは今回初めてとなります。1800mでの勝利が多い先行馬で走れそうな気配もありますが、東京マイルの流れに戸惑う可能性はあります。

ダノンシャーク

安田記念は3度目の出走となります。'13年は3着→'15年は10着。8歳と高齢ですが、前走のマイラーズC(G2)ではクラレントを交わして2着に入着しています。鞍上は岩田康誠騎手。昨年と比べて成績が落ち込んでいる岩田騎手ですが、ダノンシャークで復活できるかどうか。

レッドアリオン

マイル路線を中心に走っているマイラー安田記念は昨年も出走して8着に敗れております。昨年の関屋記念(G3)を優勝してからは掲示板にものれておらず凡走が続いております。揉まれ弱い部分がありますが、今年の安田記念は少頭数なのでスムーズに競馬ができそうです。


安田記念三連単の無料買い目情報はコチラ↓

3連単1点勝負

『3連単1点勝負』

週末のメーンレースの情報はもちろん、3連単の買い目情報を無料で配信。競馬新聞には載っていないマル秘情報も無料で読める。情報を受け取って3連単的中を狙おう!